絶滅危惧種

ハヤブサのひな巣立つ 石川県庁でふ化

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
羽ばたくハヤブサのひな=石川県自然環境課提供
羽ばたくハヤブサのひな=石川県自然環境課提供

 石川県自然環境課は8日、金沢市鞍月1の県庁舎高層階ベランダで生まれたハヤブサのひな2羽が巣立ったと発表した。今後は親鳥から狩りなどを学び、7月ごろに独り立ちする見込み。

 県庁では2005年から絶滅危惧種のハヤブサが営巣し、14年から昨年までに計17羽が巣立った。今年は卵5個から5羽のひながふ化し、…

この記事は有料記事です。

残り205文字(全文355文字)

あわせて読みたい

ニュース特集