東京のNPO

男性の乳がん知って 交流会で悩み打ち明け

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
沢田晃暢准教授の話に耳を傾けるメンズBCの参加者ら=4月
沢田晃暢准教授の話に耳を傾けるメンズBCの参加者ら=4月

 男性も乳がんになることを知ってもらい、病気への理解を広めようとNPO法人「キャンサーネットジャパン」(東京都文京区)が乳がんになった男性の交流会を始めた。男性の交流会は全国でも珍しいという。「男性は乳がんにならない」という思い込みから受診が遅れるケースがあるため、参加者の体験談を集めてネットで情報発信することも検討している。

 交流会「メンズBC(Breast Cancer、乳がん)」は1月に都内で初開催した。4月14日の第2回には40~70代の患者や家族ら13人が参加し、「同じ病気の男性と話す機会がない」「病院で奇異な目で見られた」とそれぞれの悩みを打ち明けた。

この記事は有料記事です。

残り624文字(全文909文字)

あわせて読みたい

ニュース特集