特集

大空へ再び~コウノトリ・トキ・アホウドリ~

毎日新聞デジタルの「大空へ再び~コウノトリ・トキ・アホウドリ~」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

特集一覧

コウノトリ

「最多」4羽巣立ち間近 島根・雲南

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
コウノトリのひな4羽。翼を広げるようになったひなもいる=島根県雲南市で2018年5月31日、山田英之撮影
コウノトリのひな4羽。翼を広げるようになったひなもいる=島根県雲南市で2018年5月31日、山田英之撮影

 島根県雲南市で今春生まれた国の特別天然記念物・コウノトリのひな4羽が、今月下旬から7月上旬に巣立つとみられ、専門家からも注目されている。国内の野生コウノトリが絶滅後、野外で4羽が巣立つのは最多。ハンターの誤射でペアを失った雄鳥が、別の雌鳥と繁殖したひなたちでもあり、地域住民は「無事に雲南から大空に羽ばたいて」と願う。

 ひなは雲南市大東町にある電柱の上の巣で今年4月17日までにふ化が確認された。いずれも雌。地元ハンターに昨年5月、雌鳥を誤射された雄鳥が新たなペアで誕生させた。4羽とも体重3キロを超え順調に成長している。

この記事は有料記事です。

残り407文字(全文669文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

ニュース特集