メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大リーグ

大谷が故障者リスト入り 右肘内側側副靭帯損傷

ロイヤルズ戦で先発登板した大谷翔平投手=AP

 【ミネアポリス(米ミネソタ州)岸本悠】米大リーグのエンゼルスは8日、投打二刀流で活躍してきた大谷翔平投手(23)が、右肘の内側側副靱帯(じんたい)損傷のため、10日間の故障者リスト(DL)に入ったと発表した。

     大谷は6日のロイヤルズ戦で先発登板し、4回1失点で緊急降板した。球団は右手中指のまめのためと説明していたが、処置を受けた後に大谷が「だんだん肘が張ってきた」と訴えたという。

     大谷は7日にロサンゼルスで、回復を促すために、自身から採取した血小板と幹細胞を患部に注射する処置を実施。3週間後に検査を受け、診断結果により今後の方針を決めるという。

     また、エンゼルスのエプラー・ゼネラルマネジャー(GM)は8日、電話による記者会見に応じた。長期離脱を要する靱帯再建手術(トミー・ジョン手術)に発展する可能性については「このままの治療方法で回復できれば良いと思っている」と、回避できるとの見通しを示した。また、打者限定での出場については「そのような起用はしたくない」と否定した。

     今季がメジャー1年目の大谷は、投手としては9試合に登板して4勝1敗、防御率3.10。打者としては34試合で打率2割8分9厘、6本塁打、20打点をマークしている。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
    2. 質問なるほドリ 闇ウェブって何なの? 通信内容を暗号化 発信者の特定困難=回答・岡礼子
    3. 福岡男性刺殺 ネット書き込みで恨み 出頭の42歳男逮捕
    4. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
    5. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]