メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日立社長

「英原発を推進」 採算合わねば撤退も

投資家向け事業説明会であいさつする日立製作所の東原敏昭社長兼最高経営責任者(CEO)=東京都台東区の上野イーストタワーで2018年6月8日午前10時、柳沢亮撮影

 日立製作所は8日、投資家や報道機関向けの事業説明会を東京都内で開いた。東原敏昭社長兼最高経営責任者(CEO)は英中部アングルシー島で計画する原子力発電所の新設事業について、「英国には原発建設は不可欠だ。日立は計画を推進する」と述べ、計画継続に前向きな姿勢を示した。一方で、「経済合理性を最優先で交渉に臨む」と語り、採算性が合わない場合には、撤退する可能性があることも、改めて示唆した。

 原発新設事業について、クラーク英民間企業・エネルギー・産業戦略相は4日の英議会下院で、事業継続に向…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文664文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大量懲戒請求 賛同した女性「洗脳状態だった」
  2. 救命 4階から中2飛び降り、対応の女性教諭に当たりけが
  3. 麻生太郎氏 河野外相に「常識を磨かないといかん」
  4. ORICON NEWS 田代まさし、約10年ぶりトーク番組出演 全盛期の年収&現在の月収を告白
  5. 東京都 「障がいは言い訳」ポスター、批判で撤去

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです