G7

通商問題で紛糾必至 米関税、6カ国と対立

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

カナダ東部シャルルボワで開幕

 【ケベック(カナダ)土屋渓】主要7カ国首脳会議(G7サミット)が8日、カナダ東部シャルルボワで開幕した。トランプ米政権の輸入制限措置に米以外の6カ国が反発しており、通商問題を巡る議論は紛糾しそうだ。北朝鮮の非核化では、12日の米朝首脳会談の成功に向けて米国を後押しする方針を確認する。

 初日は世界経済や北朝鮮問題を議論する。米国は日本などに続き、欧州連合(EU)やカナダに対しても鉄鋼・アルミニウム製品の輸入制限を発動。EUとカナダは7月から米国産品に対抗関税を課す方針で、米国と6カ国の溝が深まっている。

この記事は有料記事です。

残り488文字(全文756文字)

あわせて読みたい

注目の特集