メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ウナギ

上限据え置き 養殖池の稚魚、日韓台で合意

 水産庁は8日、枯渇が懸念されるニホンウナギに関し、今年11月から1年間の来漁期に養殖池へ入れられる稚魚(シラスウナギ)の上限が21.7トンになると発表した。数量は5年続けて同じ。東京都内で7日から開いた台湾、韓国との国際会合で合意した。これまでの規制にもかかわらず日本は稚魚の不漁が深刻で、資源保護に向けた実効性が問われている。

 3カ国・地域は科学的根拠に基づく新たな資源管理措置の導入を協議し、来年3月ごろの合意を目指すことで…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文556文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富田林署逃走その夜、留置場の当番警官「スマホでアダルト番組も見てた」
  2. ペイペイ、「100億円あげちゃうキャンペーン」を13日で終了
  3. 浜松 市議がアダルト動画投稿 10万円利益 辞職願提出
  4. QRコード決済 ソフトバンク系ペイペイ、「奪首」へ100億円還元 競争激化
  5. ふたご座流星群、14日ピーク 夜半過ぎから好条件で観測

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです