メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NPO日米共同調査

「米朝会談で成果」日6%、米21%

【左】北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=韓国共同写真記者団撮影【右】トランプ米大統領=AP

 非営利のシンクタンク「言論NPO」(工藤泰志代表)は8日、北朝鮮の非核化に関する米メリーランド大との共同世論調査の結果を発表した。12日に開かれる米朝首脳会談が「非核化への成果につながらない」との回答は日本は52.2%で、「決定的な成果が期待できる」の6.2%を大きく上回った。

 一方、米国は「成果につながらない」が35.9%で、「決定的な成果が期待できる」が21.8%。日本の方が米国より会談を懐疑的に見ていることがうかがえる。

 その他は「失敗に終わるがダメージは限定的」(米国13.5%、日本10.2%)▽「失敗に終わり、紛争のリスクが大きく高まる」(米国12.6%、日本5.8%)▽「わからない」(米国16.3%、日本25.3%)。

 4月の南北首脳会談を含む一連の外交交渉が北朝鮮の核問題を解決するかとの問いでは「大きく前進する」と答えた人は日本2.8%、米国13.2%だった。

 調査は日本は5月19日から6月3日に、米国は6月1日から5日に、それぞれ18歳以上の男女を対象に実施。日本は1000人、米国は1215人から回答を得た。【高木香奈】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
  2. 地震 大阪・震度6弱 日常生活影響続く 休校、ガス・水道停止
  3. 難病患者 医療費助成停止、十数万人か
  4. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
  5. 教えて!W杯 賞金はあるの?

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]