メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

佃島の盆踊

400年の伝統 住民対立で夏の風物詩ピンチ

老若男女が踊りに興じる「佃島の盆踊」=1946年7月撮影

 400年以上の歴史があるとされる東京・中央区の「佃島(つくだじま)の盆踊(ぼんおどり)」が、「江戸の華」といわれるケンカが原因で窮地に陥っている。東京都の無形民俗文化財に指定された東京の夏の風物詩ともいえ、今年は7月13~15日に開かれる予定だ。しかし、長年運営してきた団体と、地元住民が新たに設立した団体が主催権を巡って溝が深まっており、それぞれの日程で2度の盆踊りが開催される可能性も出てきた。両団体から公園の会場使用許可申請書を提出された区側も困惑している。【大村健一/統合デジタル取材センター】

 東京・銀座にほど近い佃地区は16世紀末、徳川家康によって呼び寄せられた摂津国佃村(現・大阪市)などから移住した漁師たちが切り開いたとされ、「佃煮」の発祥の地としても全国的に有名。区などの史料によると、盆踊りは漁師たちが摂津国から持ち込んだのが起源という。

 ちょうちんの明かりに照らされながら、やぐらの周りをゆったりと同じ所作を繰り返しながら練り歩く--。こうした昔ながらの踊りを残してきたことが評価され、都は1976年に無形民俗文化財に指定した。毎年期間中は多くの老若男女が集まりにぎわう。昨年は東京地下鉄(東京メトロ)の構内に張られるポスターで、沿線の「夏の風物詩」として取り上げられたほどだ。

この記事は有料記事です。

残り983文字(全文1534文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 逗子崩落・女子高生死亡 事故前日に亀裂発見 マンション管理会社、行政に伝えず

  2. 智弁和歌山アベック優勝 女子は初の栄冠 高校駅伝予選

  3. 第70期王将戦リーグ特選譜 観戦棋士も「意味がわからない」細心の一手 藤井王位が佐藤天九段を破り、ようやく1勝

  4. ORICON NEWS 『アイマス』声優・大坪由佳が結婚報告 お相手は29歳の一般男性

  5. ORICON NEWS 金田朋子「娘が笑えば何でもよい」子育て動画が88万再生 ポジティブを"貫く"子育て論

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです