千葉大病院

がん報告見落とし2人死亡 治療1~4年遅れ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
記者会見する千葉大学医学部付属病院の山本修一院長(左)ら=千葉市中央区で2018年6月8日午後1時31分、小川昌宏撮影
記者会見する千葉大学医学部付属病院の山本修一院長(左)ら=千葉市中央区で2018年6月8日午後1時31分、小川昌宏撮影

「最初の診断後に治療なら死亡しなかった可能性」

 千葉大学医学部付属病院は8日、2013年以降にコンピューター断層撮影(CT)の画像にがんが映っていたのに、担当医が報告書を見落とすなどしたミスにより、30~80代の患者9人ががんと診断されなかったと発表した。うち2人はがんで死亡。同病院は「最初の診断後に治療していれば、死亡しなかった可能性がある」としている。

 2人は60代女性と70代男性。女性は13年6月、腸疾患の経過観察のためCT検査を受けた。放射線診断専門医は腎がんの可能性を指摘する報告書を作ったが、担当医は報告書を十分に確認せず診断されなかった。4年4カ月後の昨年10月、体調を崩して受けたCT検査で腎がんが進行しているのが見つかった。治療は手遅れの段階で同12月に死亡した。

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文649文字)

あわせて読みたい

注目の特集