メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

千葉大病院

がん報告見落とし2人死亡 治療1~4年遅れ

記者会見する千葉大学医学部付属病院の山本修一院長(左)ら=千葉市中央区で2018年6月8日午後1時31分、小川昌宏撮影

「最初の診断後に治療なら死亡しなかった可能性」

 千葉大学医学部付属病院は8日、2013年以降にコンピューター断層撮影(CT)の画像にがんが映っていたのに、担当医が報告書を見落とすなどしたミスにより、30~80代の患者9人ががんと診断されなかったと発表した。うち2人はがんで死亡。同病院は「最初の診断後に治療していれば、死亡しなかった可能性がある」としている。

 2人は60代女性と70代男性。女性は13年6月、腸疾患の経過観察のためCT検査を受けた。放射線診断…

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文649文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. おげんさんといっしょ 「#おげんさん」再び世界トレンド1位に 第3弾もSNS大盛り上がり

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 大規模河川の堤防も対応能力超え決壊 そのメカニズムとは

  5. 満身創痍ギリヤーク尼ケ崎さん 西新宿で青空舞踏 命の尊さ祈りささげる

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです