メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェデックス・セントジュード・クラシック

[速報]ジョンソンが通算10アンダー単独首位に浮上(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

フェデックス・セントジュード・クラシック 2日目

PGAツアー第32戦 フェデックス・セントジュード・クラシック/テネシー州 TPCサウスウインド

 メンフィス(テネシー州)で開催されているフェデックス・セントジュード・クラシック。日本人選手は出場していない。2日目終了時点で首位に立ったのはダスティン・ジョンソン(米国)。通算10アンダーまでスコアを伸ばし、後続に1打差をつけた。

MORE:フェデックス・セントジュード・クラシックの最新スコアはここをクリック!

 ジョンソンは3アンダー13位タイで2日目を迎え、この日は10番ホールからスタート。10番パー4でバーディを先行させたが、12番パー4と13番パー4でボギーが続いた。しかし、14番パー3と16番パー5でバーディを取り返し、前半を1アンダーで折り返した。

 後半に入ると、1番パー4で第2打をカップに放り込んでイーグルを奪った後、2番パー4、3番パー5、6番パー4、9番パー4でバーディを加えた。

 結局、この日のスコアは1イーグル、7バーディ、2ボギーの7アンダー63(パー70)。通算10アンダーまでスコアを伸ばし、単独首位に立った。

ライアン・ブロームが首位と1打差の通算9アンダー2位タイ Photo by Sarah Crabill/Getty Images

 首位と1打差の通算9アンダー2位タイに、ライアン・ブローム(米国)とアンドリュー・パットナム(米国)の2人が並んだ。いずれも3アンダー13位タイで2日目を迎え、6アンダー64でプレーした。

 首位と2打差の通算8アンダー4位タイに、潘政琮(台湾)とウェスリー・ブライアン(米国)の2人が続いている。

 初日首位発進のシーマス・パワー(アイルランド)は、2日目を1アンダー69でプレー。通算6アンダー7位タイ。

 初日4アンダー2位タイと好発進を果たしたフィル・ミケルソン(米国)は、2日目はイーブンパー70とスコアを伸ばせず、通算4アンダー14位タイに後退した。

 大会3連覇を狙うダニエル・バーガー(米国)は、イーブンパー56位タイで2日目を迎えたが、1オーバー71とスコアを落とした。通算1オーバーでカットラインに1打及ばず予選落ちとなった。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. お年玉付き年賀はがき当選番号決まる 特賞に五輪チケット

  4. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

  5. ORICON NEWS お年玉付年賀はがき 当せん番号が決定 特賞は東京五輪の開会&閉会式ペア券など

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです