メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

作品展

小笠原の自然、感じて 写真家・MANA野元学さん、銀座で21日まで /東京

 返還50年を26日に迎える小笠原諸島(小笠原村)の自然を撮影した写真家、MANA野元学さんの作品展「PLANET BONIN-楽園の記憶-」が、中央区銀座5のソニーイメージングギャラリー銀座で開かれている。野元さんは「小笠原は地球を体感できる場所。島にしかない空気感を少しでも味わって」と話す。【荒木涼子】

 1988年からハワイを拠点に世界のさまざまな場所で撮影を続けてきた野元さん。25年前に初めて小笠原を訪れ、「光害のない空や、自然が作り出した絶景。日本にもこんなに魅力的な場所があった」と衝撃を受けた。以来、父島に移住して活動している。

この記事は有料記事です。

残り217文字(全文489文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS Snow Man『anan』グラビアで“色気の大渋滞” 2ndシングル発売日に表紙飾る

  2. 安倍政権が残したもの 政治的下心のため経済政策を利用した“アホノミクス”の大罪 浜矩子氏が斬る「景気回復」

  3. 関脇・正代が初優勝 「大関昇進」確実に 大相撲秋場所

  4. 長さ2mのバトン、掛け声は紙で、競技はテレビ中継…コロナ下の運動会

  5. 番付が泣く「黒歴史」 大関の優勝、20場所なし 下克上阻止できるか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです