メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

激震

18知事選 県都で最後の訴え きょう投開票 /新潟

 米山隆一前知事の辞職に伴う知事選は10日投開票される。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題などを争点に、自民、公明両党が支持する元副知事の花角英世氏(60)と、立憲民主、国民民主、共産、自由、社民の野党5党や衆院会派「無所属の会」が推薦する元県議、池田千賀子氏(57)が事実上の一騎打ちを展開。両氏は選挙戦最終日の9日、大票田の新潟市内を中心に最後のお願いに駆け回った。立候補しているのは届け出順に、元五泉市議の安中聡氏(40)▽花角氏▽池田氏。

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文1990文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「感染を制御できない」 専門家に強い危機感 会合後に漏れた本音

  2. 乱交パーティー数十回主催 福岡県警職員を懲戒免職、売春防止法違反で起訴

  3. アイスダンス転向の高橋 まさかのミス「これが試合」 フィギュアNHK杯

  4. 収入減世帯の無利子融資 4割が延長 感染拡大で困窮、再延長求める声も

  5. 高橋大輔3位 アイスダンス転向後初の公式戦 フィギュアスケートNHK杯

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです