メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
激震

18知事選 県都で最後の訴え きょう投開票 /新潟

 米山隆一前知事の辞職に伴う知事選は10日投開票される。東京電力柏崎刈羽原発の再稼働問題などを争点に、自民、公明両党が支持する元副知事の花角英世氏(60)と、立憲民主、国民民主、共産、自由、社民の野党5党や衆院会派「無所属の会」が推薦する元県議、池田千賀子氏(57)が事実上の一騎打ちを展開。両氏は選挙戦最終日の9日、大票田の新潟市内を中心に最後のお願いに駆け回った。立候補しているのは届け出順に、元五泉市議の安中聡氏(40)▽花角氏▽池田氏。

この記事は有料記事です。

残り1768文字(全文1990文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 韓流パラダイム 文大統領が沈黙を続ける 2005年に下した徴用工問題巡る外交判断

  4. 「和牛」実は交雑種…兵庫の焼肉店 卸元が偽装か、告訴検討

  5. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです