メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

シンポジウム

京大隊、チョゴリザ初登頂60周年 「探検大学」の歴史に迫る 17日、左京で /京都

 “探検大学”の異名をとる京都大のDNAを探るシンポジウム「探検大学の誕生」(京都大学学士山岳会など主催)が17日、京都市左京区の京大吉田キャンパスで開かれる。1958年8月、ヒマラヤの未踏峰チョゴリザ(7654メートル)の初登頂に京大隊が成功して60周年になるのを記念したイベント。ヒマラヤ登山や南極観測、アフリカでの霊長類・人類学研究、宇宙での有人活動まで京大の研究者がかかわったフィールドワークを振り返り、「探検」の未来も考える。【榊原雅晴】

 優美な姿から「花嫁の峰」と呼ばれたチョゴリザ。登山隊を率いた桑原武夫・京大人文科学研究所教授(1904~88年)はフランス文学者として知られるが、登山家でもあり、戦前の31年にヒマラヤ登山を目指して誕生した京大学士山岳会(AACK)の創設メンバーだ。盟友には霊長類学のパイオニア、今西錦司博士(1902~92年)、第1次南極越冬隊長を務めた西堀栄三郎博士(1903~89年)らがいた。

この記事は有料記事です。

残り1066文字(全文1483文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. クルーズ船対応、各国批判 「防疫の概念ないのか」「新たな震源地」「失敗した実験」

  2. ORICON NEWS 池上彰“新型コロナ”東京五輪の影響は「楽観しています」

  3. 新型肺炎 医療用マスク、自治体・病院に優先供給 厚労省

  4. 新型肺炎対応の医師ら「バイ菌扱い」 子どもに登園自粛要請 日本災害医学会が抗議

  5. 武漢のアフリカ留学生「見捨てられたも同然」 5000人帰国できず「心折れそう」 新型肺炎

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです