メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

View+

「一杯」が希望に 障害者、ラーメン店切り盛り 住吉 /大阪

「いらっしゃいませ!」。知的障害がある金子真依さんは、この日一番の笑顔を見せながら出迎えてくれた=大阪市住吉区で、山田尚弘撮影

 「いらっしゃいませ!」。住吉総合福祉センター(大阪市住吉区)の一角から、威勢のいい声が響く。

 チェーン展開するラーメン店「べらしお」のプロデュース店「天日塩らーめん べらしお福祉 住吉東店」。センターに通う障害者の就労支援を目的に、社会福祉法人ライフサポート協会(同区)が2012年に開いた。

 スタッフは知的障害や発達障害がある18歳以上の18人。ラーメン店で研修した協会の職員がサポートする。集中力や体力、通勤時間を考慮し、営業は基本的に平日の午前11時半~午後1時半のみ。午前9時から仕込みを始め、接客や経費管理もこ…

この記事は有料記事です。

残り392文字(全文653文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 館林市議選 投票者総数より多かった 「謎の1票」なぜ
  2. 新潮45休刊 突然の決断、予想超えた批判
  3. 台風24号 29日に沖縄接近 気象庁が警戒呼び掛け
  4. 沖縄知事選 自民、引き締め躍起 野党「ステルス作戦」
  5. トランプ米大統領 自慢に失笑 国連総会で各国指導者

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです