メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

映画

「町家の雛めぐり」題材 2年半かけ風景記録 10周年記念で実行委 高取 /奈良

 高取町の土佐街道を中心に毎年3月に開かれている「町家の雛(ひな)めぐり」を題材にした映画「雛ものがたり」が製作され、9日、同町で住民らに披露された。雛めぐり主催の「天の川実行委員会」の取り組みで、メンバーと知り合ったディレクターの坂本勉さん(54)が監督や撮影などを担当し、約2年半がかりで完成させた。地域活性化などに役立てたい考えだ。

 映画は50分。住民らが雛人形に込めた体験実話を基に脚色し、土佐街道沿いの民家などで撮影された。エキストラを含め町民や役者計約150人が出演し、女性たちを中心にストーリーが展開。四季折々の町内の風景も織り込まれている。

この記事は有料記事です。

残り252文字(全文530文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「がんに勝つことは、生きるか死ぬかじゃない」米国で闘病中のポルノスター、まりかさんが直面したロックダウン

  2. 感染者と同席「コロナパーティー」 「無敵」と参加の30歳死亡 「間違いだった」言い残し

  3. 米女優、ケリー・プレストンさん死去 ジョン・トラボルタさんの妻

  4. 「死に追いやってしまった」「逮捕されるのが怖い」 木村花さん誹謗中傷 加害者の心情

  5. 熊本の老舗うなぎ屋、秘伝のたれが浸水 再起に向け清掃作業

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです