メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待

最多1142件 「心理的」が半数 昨年度相談 /和歌山

 県は、県内2カ所の児童相談所(児相)に寄せられた昨年度の虐待相談件数が、前年度比19件増の1142件と、2年連続で過去最多を更新したと発表した。前年度から引き続き、家庭内暴力(DV)を子供に見せる「面前DV」など心理的虐待の相談が最も多く、全体の半数近くを占めた。【高橋真志】

 県によると、虐待相談のうち、最も多いのは、言葉による脅しなど「心理的虐待」で526件(前年度比45件増)。暴行など「身体的虐待」325件(20件増)▽育児放棄など「ネグレクト」280件(44件減)▽性的虐待11件(2件減)--と…

この記事は有料記事です。

残り381文字(全文635文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. どうぶつ 落ちたヒナを拾わないで
  2. 三原じゅん子議員「愚か者の所業」って…「謙虚さ忘れた圧政者」と批判
  3. 夜の表参道そぞろ歩き マクロン仏大統領夫妻
  4. ノロウイルスで0歳男児が死亡 岐阜・各務原
  5. 官僚はぼろ雑巾か 酷使は国を誤る

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです