メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ひと人

阿武町集落支援員 吉岡風詩乃さん /山口

故郷を楽しい場所に 吉岡風詩乃(ふしの)さん(28)

 「山も海もあり、小さな町の人のほどよい距離感が好き」

 生まれ育った人口約3400人の阿武町の魅力を話し出すと止まらない。「町を楽しいところにする活動に関わりたい」と、4月から集落支援員として町の活性化に取り組む。

 勤務する同町奈古の「町暮らし支援センター」は、木造2階建て築52年の元薬局を改装した。1階が事務所とカフェ、2階にはイベントスペースを備えている。愛称は「shiBano(シバノ)」。地元の人…

この記事は有料記事です。

残り345文字(全文574文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  2. やまぬ安倍首相のヤジ 今年だけで不規則発言20回超「民主主義の危機」

  3. 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  4. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです