メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7

トランプ氏挑発「関税ゼロだ」 米と6カ国、貿易で溝 首脳宣言へ

 【ケベック(カナダ)土屋渓、小山由宇】主要7カ国首脳会議(G7サミット)は8日(日本時間9日)に開幕し、焦点の通商問題などを討議した。首脳らは、世界経済の成長に向け「自由で公正な貿易」を追求することで一致した。しかし、トランプ米大統領が進める輸入制限措置には各国首脳から批判が噴出し、米国と他の6カ国が対立。討議は9日午後(同10日未明)まで続き、首脳宣言を取りまとめる方向だが、米国の孤立化が際立っている。

 「それなら関税をすべてゼロにしよう。それでどうだ!」。初日の貿易を巡る討議の終盤、トランプ氏が興奮した様子でまくし立てた。安倍晋三首相の同行筋によると、鉄鋼・アルミニウム製品の関税引き上げについて各国から批判されたトランプ氏が、米国以外の国もそれぞれ乳製品やコメなどの重要産品に関税をかけていることを踏まえ、逆提案したという。

この記事は有料記事です。

残り527文字(全文896文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 東京の感染者、新たに13人 再び2桁台に 新型コロナ

  4. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです