メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

俳優・中村敦夫78歳の挑戦(その1) 舞台から「原発」問う

朗読劇「線量計が鳴る」の舞台に立つ中村敦夫さん=東京都武蔵野市で2018年4月13日、宮間俊樹撮影

 黒ずくめの男が、線量計をかざしながら舞台に現れた。放射線に反応すると鳴る「ピー、ピー」という不快な音が響き渡る。

 俳優の中村敦夫さん(78)が自ら台本を書いて演じる朗読劇「線量計が鳴る」は、福島県双葉町で生まれ東京電力福島第1原発で配管技師として働き、原発事故で全てを失う男の物語だ。戦中戦後の少年期、東京から疎開して福島県平市(現いわき市)で過ごした中村さん。この一人芝居を方言を交えて語りきる。

 「この話すんのは、本当につれえわあ。でもなあ、どうやったって現実からは逃げられねえ。双葉町で生まれ…

この記事は有料記事です。

残り498文字(全文748文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 奈良女児殺害14年 父親が手記「私の背中そっと支える」
  2. 衆院内閣委 桜田五輪相「判断力は抜群」「世界で有名に」
  3. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  4. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  5. 兵庫県警 ホルマリン誤注入で医師ら書類送検 患者に傷害

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです