連載

ストーリー

記者が現場を歩き、見て、聞いて、感じながら、ニュースの深層、話題の人々の内面に迫る長編ルポ。

連載一覧

ストーリー

俳優・中村敦夫78歳の挑戦(その1) 舞台から「原発」問う

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
朗読劇「線量計が鳴る」の舞台に立つ中村敦夫さん=東京都武蔵野市で2018年4月13日、宮間俊樹撮影
朗読劇「線量計が鳴る」の舞台に立つ中村敦夫さん=東京都武蔵野市で2018年4月13日、宮間俊樹撮影

 黒ずくめの男が、線量計をかざしながら舞台に現れた。放射線に反応すると鳴る「ピー、ピー」という不快な音が響き渡る。

 俳優の中村敦夫さん(78)が自ら台本を書いて演じる朗読劇「線量計が鳴る」は、福島県双葉町で生まれ東京電力福島第1原発で配管技師として働き、原発事故で全てを失う男の物語だ。戦中戦後の少年期、東京から疎開して福島県平市(現いわき市)で過ごした中村さん。この一人芝居を方言を交えて語りきる。

 「この話すんのは、本当につれえわあ。でもなあ、どうやったって現実からは逃げられねえ。双葉町で生まれ育った俺が、こんたら目に遭うのは、運命なんだっぺが」

この記事は有料記事です。

残り472文字(全文748文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集