メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時代の風

警句から見る日本政治 「大うそ」と「統計」の悪用=京都大教授・中西寛

=太田康男撮影

中西寛(ひろし)

 英語でよく使われる決まり文句に「うそ、大うそ、統計」という言葉がある。19世紀末に米文学者のマーク・トウェインが、英国の政治家ディズレーリの言葉として紹介して有名になった。だがディズレーリがこの言葉を使った痕跡はなく、この言葉の本当の発明者は確定されていない。意味するところは、小さなうそ、大きなうそ、そして客観的に見える数字で作るうその順に罪が重い、といった趣旨で、風刺家として有名なトウェインらしく、ユーモアを交えた表現である。

 現政権の状況を見るとこの警句を思い出さざるを得ない。森友学園や加計学園、陸上自衛隊の日報問題などに…

この記事は有料記事です。

残り1452文字(全文1727文字)

24時間100円から読める新プラン!詳しくは こちら

いますぐ購読する

または

毎日IDでログイン

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 焦点・働き方改革 首都圏・総合病院の医師悲痛 当直明けも分刻み 「長時間労働、野放し状態」
  2. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  3. 「18歳成人」に思う 性別変更、慎重に判断して タレント・KABA.ちゃん(49)
  4. 殺人 自殺装い弟殺害容疑 多額の保険、姉逮捕 堺
  5. クローズアップ2018 違法塀「人災」濃厚 認識に甘さ、命守れず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]