メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

俳優・中村敦夫78歳の挑戦(その2止) 未来見つめる表現者

反骨と探究心を持ち続ける中村敦夫さん。「人生の下り道で福島第1原発事故が発生し、多少は意味のある仕事をしたいと思いました」=東京都新宿区で日、丸山博撮影

 ◆反原発朗読劇「線量計が鳴る」で行脚

戦争同様、戦犯いる

 

 東京・西新宿。ビルの壁に囲まれた交差点を人と車が行き交う。

 「ふと、荒野をさまよっている気分になるんですよ。こうして雑踏を歩いていてもね」。俳優の中村敦夫さん(78)は歩みを止め、虚空を見詰めた。2年前、俗世のしがらみを断つために在家のまま出家し、僧籍に入った。言葉が求道的な色彩を帯びる。

 「今、100年後のことを考えていたんです。ここにいる人たちは、もう誰も生きてはいないなって。同じよ…

この記事は有料記事です。

残り4734文字(全文4960文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. KDDI 3Gサービス 22年3月末終了 携帯大手で初
  2. 福岡 大濠公園の池、元福岡銀頭取死亡 事故と事件で捜査
  3. 下村・自民改憲本部長 謝罪 反発やまず 衆院憲法審の開催不透明 首相の側近起用が裏目に
  4. 観光バス 泡吹く運転手に気づき乗客が1キロ先で停止
  5. 特集ワイド 昔なら罰当たり? ライトに“仏教”浸透中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです