メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚

内田麻理香・評 『人形論』=金森修・著

 (平凡社・3456円)

<命>とは何か 問いかける

 以前、プラハで人形劇を鑑賞した。チェコにとっての人形劇は大切な意味を持つ。長年、隣国からの支配を受け続けたチェコは、公用の場でチェコ語を使うことさえ禁じられていたが、人形劇の場だけはチェコ語の使用を許されていたのだ。評者が観(み)た演目は『ドン・ジョバンニ』。クライマックスに、騎士団長がゴーレムの姿をして登場したことに驚いた。ゴーレムはユダヤ教の僧侶が作る人工生命体だ。人間でないゴーレムがさらに人形となり、生き生きと動くという奇妙な構造に心躍らされた。

 今回、取り上げる『人形論』は、二年前に亡くなった科学思想史、生命倫理学を専門とした金森修の遺作にあ…

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1452文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 九州新幹線にミッキーデザイン登場 5月17日から半年の期間限定
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 埼玉・川口の小学校でクルド人いじめ深刻 支援者「特別視せず平等に対応を」 
  4. 漫画で解説 クルド人ってどんな人たち?の巻
  5. 木更津2女児死傷事故 周辺に悲しみ広がる「おしゃべり好きで明るい子だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです