メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・本と人

『食べることの哲学』 著者・檜垣立哉さん

 ◆著者・檜垣立哉(ひがき・たつや)さん

 (世界思想社・1836円)

思索のスパイスで矛盾考察

 ドゥルーズやフーコーらフランス現代思想を専門にする哲学者が、愛する競馬に続いて題材にしたのが「食」。自身の食体験も踏まえた軽妙なエッセーでありながら、深い思索のスパイスで食をめぐる矛盾を考察した味わい深い哲学書だ。「僕のテーマの一つは生命論。命の問題を考える時、人間は『食べる身体』であると同時に『食べられる身体』でもあるということが重要なポイント」と話す。

 おいしい料理を食べる快楽には、植物や動物を殺しているという後ろ暗さが伴う。生き物を殺してはならない…

この記事は有料記事です。

残り681文字(全文957文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 不明 2歳児無事発見 ボランティア、山中で保護 山口
  2. 鹿児島・口永良部島 噴火警戒レベル4に引き上げ
  3. 2歳児無事保護 「すごい生命力」医師 今週中には退院か
  4. マンハッタン計画 「最も恐ろしい計画」描く絵本の邦訳版
  5. 不明 帰省中の2歳児、曽祖父宅近くで 山口・周防大島

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです