メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外旧優生保護法は「違憲」 賠償請求は棄却 大阪地裁
今週の本棚

磯田道史・評 『拡張の世紀』=ブレット・キング著、上野博・訳

 (東洋経済新報社・2592円)

発想力や目標、問題を立てる力が大切

 人工知能(AI)の発達で大変化が起きる。ただ、その激変がいかなるもので、20~30年後の社会は、どうなるか。それを知るのに好個の一冊である。

 将来、車は自動運転化で免許不要。路上を往来する車を「時間借り」するので車の保有も激減。10年後には、ロンドン中心部で人間による運転が禁止されるとまで、著者はいう。そんなに変化が速いか?とも思うが、人類の生活相の変化は、我々の代から、超高速化している。新技術が25%の普及率に達するのに要した時間をみよう。米国の場合、電気が46年、電話が35年だったが、今は速い。携帯電話は13年。フェイスブックやアイフォンは3年ぐらいで達した。過去なら、千年かかった変化が1世代25年で一気に降りかかってくる。そんな人類史の変曲点に、我々はいる。

 変化の内容は激しい。エネルギーは太陽光発電の伸びが著しく多様化。自給自足型になり、配電網を握る巨大電力会社は凋落(ちょうらく)すると予測する。そのうえ、あと十年たらずで世界中で「銀行口座の携帯電話化」が進む。価値を蓄蔵する形が変わるので、銀行口座とクレジットカードでの決済は急減する。人々は、携帯型の機器(スマートデバイス)に、買い物や予約、お金の管理まで助けてもらう。体質の古い銀行の経営陣は、お…

この記事は有料記事です。

残り914文字(全文1484文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「菅語」を考える 小田嶋隆さんが読む首相の「恐怖政治断行」宣言 「小さな部屋の王様」の恫喝

  2. 「鬼滅の刃」興行収入275億円 「タイタニック」超え、歴代2位に

  3. 山形女医殺害「殺意なかった」 元大学生の被告、一部否認 地裁初公判

  4. 「菅語」を考える 論理的でない受け答え「首相の器ではない」 上西充子法政大教授

  5. 米砂漠の“謎の金属柱”消える 連邦政府機関「未知の個人・集団が撤去」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです