メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内視鏡

食道・胃の画像、AIが判別 部位特定率97%、撮影の見逃し防ぐ 民間・東大病院チーム

 内視鏡撮影した画像が食道や胃など「上部消化管」のどの部位のものかAI(人工知能)が自動判別するシステムを、民間クリニックや東京大病院などのチームが開発した。撮影の見逃しなどを防ぐのに役立つ技術として注目されそうだ。

 開発したのは、民間クリニック「ただともひろ胃腸科肛門科」(さいたま市)の多田智裕医師ら。内視鏡撮影の見逃しなどを防ぐには、撮影した画像が上部消化管のどの部位のものかAIが見分けるシステムが必要だが、これまでなかっ…

この記事は有料記事です。

残り323文字(全文538文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夏の高校野球 秋田県民「正直驚いた」金足農快進撃のなぜ
  2. 精神疾患 55年間入院女性「退院してもおるところない」
  3. 夏の高校野球 大阪桐蔭、2度目の春夏連覇 史上初
  4. 夏の高校野球 個の力に頼らない強さ 大阪桐蔭
  5. アジア大会 「買春、浮ついた気持ちで」バスケ4選手謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです