メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

内視鏡

食道・胃の画像、AIが判別 部位特定率97%、撮影の見逃し防ぐ 民間・東大病院チーム

 内視鏡撮影した画像が食道や胃など「上部消化管」のどの部位のものかAI(人工知能)が自動判別するシステムを、民間クリニックや東京大病院などのチームが開発した。撮影の見逃しなどを防ぐのに役立つ技術として注目されそうだ。

     開発したのは、民間クリニック「ただともひろ胃腸科肛門科」(さいたま市)の多田智裕医師ら。内視鏡撮影の見逃しなどを防ぐには、撮影した画像が上部消化管のどの部位のものかAIが見分けるシステムが必要だが、これまでなかった。

     チームは、同クリニックに保管されている上部消化管の画像2万7335枚について、ディープラーニング(深層学習)という手法を使ってAIに学習させた。その上で、別の1万7081枚の画像についてAIに上部消化管のどの部位か判別させる実験をしたところ、97・4%の確率で正確に当てた。また、部位別の正診率は、咽頭(いんとう)99・8%▽食道99・2%▽胃下部98・7%▽十二指腸98・1%--などだった。

     AIによる内視鏡画像診断を巡っては、がんなどの病変を精度よく当てるシステムが既に開発されている。多田氏は「今回の成果と組み合わせることで、内視鏡で撮影すると同時に撮影部位を判別し、病変を確認する診断支援システムを確立したい」と話す。【河内敏康】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 加計学園 「首相と関係、一切ない」沈黙破った理事長
    2. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
    3. 大阪震度6弱 ラッシュ直撃 「一緒にいた子が」児童犠牲
    4. 大阪震度6弱 高槻市長が謝罪 倒壊した塀、基準満たさず
    5. 大阪震度6弱 緊急地震速報、間に合わず 震源近く

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]