メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

奇跡の傍らで

働き方改革、必要 チーム医療の時代に=荻田和秀・りんくう総合医療センター産科医

コウノドリ

 働き方改革をめぐる議論が活発です。今回は周産期科医の働き方を個人的な視点から述べてみたいと思います。

 私は前世紀に医者になりました。いわゆる「バブル入社組」ですが、その頃の医者は「研修医残酷物語」の時代でした。その上、我々の世代が中堅になった2007年ごろ、「周産期崩壊」と言われる時代が到来し、1カ月に10日以上の当直などの過重労働の最前線にさらされ続けて今に至ります。研修医時代は10万円に満たない給料でほぼ毎日泊まり込みをしていましたが、どんどん経験を積んで知識も技術も向上してゆくのが自分でもわかる、最も楽しい時代でもありました。ベッドサイドに張り付くことで、新米ながらも患者さんや家族と信頼関係を築くことができ、分娩(ぶんべん)や看取(みと)りを通して医師としてだけでなく、人間として成長させてもらえたように思います。でもそれに耐えられたのはラッキーなだけで、当時は「医師の5年生存率(5年後に同じ科で仕事をしている医師の割合)はがん治療の5年生存率を上回れるか」などと話題にしていました。

 仕事は早朝からあります。まずは病院内での症例検討会。その後は外来や病棟で妊婦さんの対応や分娩の立ち…

この記事は有料記事です。

残り828文字(全文1329文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 夜景都市 新三大夜景、神戸が4位に、北九州市に抜かれる
  2. 慰安婦財団解散 日本政府、強く反発も…漂う“韓国疲れ”
  3. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
  4. 全国8都市 「名古屋が行きたくない街」再びトップのなぜ
  5. 京都市バス 運転手、転倒の客救護せず「毎回こけますね」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです