メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大リーグ

エンゼルス・大谷、靱帯損傷 初の故障者リスト入り 二刀流、右肘に暗雲

 【ミネアポリス(米ミネソタ州)岸本悠】米大リーグ・エンゼルスの投打二刀流、大谷翔平投手(23)は8日、右肘の内側側副靱帯(ないそくそくふくじんたい)を損傷し、10日間の故障者リスト(DL)に入った。今季メジャー1年目の大谷がDL入りするのは初めて。

 大谷が異常を訴えたのは6日のロイヤルズ戦での先発登板の後。右手中指のまめの影響で4回1失点でマウンドを降りた。試合後にソーシア監督らに「右肘が張ってきた」と訴え、診察を受けた。

 回復を促すために、7日にロサンゼルスで、自身から採取した血小板と幹細胞を患部に注射する治療を行った…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 編集部のよびかけ れいわが主張「消費税廃止」の賛否は

  2. 3分でわかる政治の基礎知識 即位の礼で使われる 高御座とは

  3. 車7台が事故 15人負傷 3台炎上 愛知・伊勢湾岸自動車道

  4. 即位礼正殿の儀始まる 180以上の国などから2000人参列

  5. 変革 第10部 マルハニチロ/18 回転ずし、魚も肉も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです