メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米大リーグ

エンゼルス・大谷、靱帯損傷 初の故障者リスト入り 二刀流、右肘に暗雲

 【ミネアポリス(米ミネソタ州)岸本悠】米大リーグ・エンゼルスの投打二刀流、大谷翔平投手(23)は8日、右肘の内側側副靱帯(ないそくそくふくじんたい)を損傷し、10日間の故障者リスト(DL)に入った。今季メジャー1年目の大谷がDL入りするのは初めて。

 大谷が異常を訴えたのは6日のロイヤルズ戦での先発登板の後。右手中指のまめの影響で4回1失点でマウンドを降りた。試合後にソーシア監督らに「右肘が張ってきた」と訴え、診察を受けた。

 回復を促すために、7日にロサンゼルスで、自身から採取した血小板と幹細胞を患部に注射する治療を行った…

この記事は有料記事です。

残り471文字(全文735文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 希望者は桜を見る会出席 前日に地方議員研修会 昨年4月「私物化」浮き彫りに

  2. 農業後継者、高専、120年超す伝統校…センバツ21世紀枠 9候補はこんな学校

  3. 脇につるす拳銃ホルスター型かばん 目の不自由な男性発案、刑事ドラマをヒントに

  4. 上皇后さま体調不良続く 精神的なストレスが原因と宮内庁

  5. 内閣支持率急落「謙虚に受け止める」 菅官房長官会見詳報 

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです