メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

テニス

全仏オープン 穂積・二宮組、ペアの極意 きょう決勝、初制覇目指す

 女子ダブルスで日本選手同士のペアでは4大大会初の決勝進出を果たした穂積絵莉、二宮真琴組(橋本総業)。第6シードのバルボラ・クレイチコバ、カテリナ・シニアコバ組(チェコ)に挑む10日の決勝を前に、日本ペアの強さを分析した。

 1+1が2以上になるのがダブルスの面白さだ。日本選手はシングルスではパワーで押し切られがちだが、ダブルスは作戦次第で十分に補える。シングルスの世界ランキングは172位の穂積、530位の二宮は、ダブルスの極意を体現した。

 強みは穂積の安定感のあるストローク力と、小柄で俊敏な二宮のネット際での決定力だ。後衛の穂積がストロ…

この記事は有料記事です。

残り495文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  3. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

  4. 実は飲食物が予算案の3.5倍だった「桜を見る会」の「国会軽視」

  5. 桜を見る会の批判封じる「火消し」は「本丸直撃案件」を鎮火できるのか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです