メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

平壌冷麺×神戸・長田 4代つなぐ祖国の味

イラスト 佐々木 悟郎

 韓国と北朝鮮の南北首脳会談が行われた4月27日。神戸市灘区の張守基(チャンスギ)さん(36)はこの歴史的瞬間を見逃すまいとスマートフォンの実況中継に目を凝らしながら電車で職場に向かっていた。

 冒頭、北朝鮮側からこんな一言が飛び出す。「平壌から苦労して冷麺を持ってきました」。思わず笑みがこぼれた。自身は同市長田区の「元祖平壌冷麺屋 本店」4代目。1939年に曽祖父母が日本初の専門店を開き、朝鮮半島がひとつだったころから伝わる味を一家で守り継いできた。

 曽祖父は幼いころ、平壌の冷麺屋で小僧をしていた。半島が日本統治下の29年、長田に渡り、地場産業のケ…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1068文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  3. 国立がんC 3年後がん生存率を初公表 全体で71%
  4. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです