連載

いただきます

「食」から人々の物語を描きます。

連載一覧

いただきます

平壌冷麺×神戸・長田 4代つなぐ祖国の味

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
イラスト 佐々木 悟郎
イラスト 佐々木 悟郎

 韓国と北朝鮮の南北首脳会談が行われた4月27日。神戸市灘区の張守基(チャンスギ)さん(36)はこの歴史的瞬間を見逃すまいとスマートフォンの実況中継に目を凝らしながら電車で職場に向かっていた。

 冒頭、北朝鮮側からこんな一言が飛び出す。「平壌から苦労して冷麺を持ってきました」。思わず笑みがこぼれた。自身は同市長田区の「元祖平壌冷麺屋 本店」4代目。1939年に曽祖父母が日本初の専門店を開き、朝鮮半島がひとつだったころから伝わる味を一家で守り継いできた。

 曽祖父は幼いころ、平壌の冷麺屋で小僧をしていた。半島が日本統治下の29年、長田に渡り、地場産業のケミカルシューズ製造に従事。曽祖母は労働者の宿舎を営み、半島出身者が集った。「ほんまの味」を知る人らに頼まれ、曽祖父が麺を打ち、曽祖母がスープを作って店が始まった。

この記事は有料記事です。

残り710文字(全文1068文字)

あわせて読みたい

この記事の特集・連載
すべて見る

注目の特集