メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いただきます

平壌冷麺×神戸・長田 4代つなぐ祖国の味

イラスト 佐々木 悟郎

 韓国と北朝鮮の南北首脳会談が行われた4月27日。神戸市灘区の張守基(チャンスギ)さん(36)はこの歴史的瞬間を見逃すまいとスマートフォンの実況中継に目を凝らしながら電車で職場に向かっていた。

 冒頭、北朝鮮側からこんな一言が飛び出す。「平壌から苦労して冷麺を持ってきました」。思わず笑みがこぼれた。自身は同市長田区の「元祖平壌冷麺屋 本店」4代目。1939年に曽祖父母が日本初の専門店を開き、朝鮮半島がひとつだったころから伝わる味を一家で守り継いできた。

 曽祖父は幼いころ、平壌の冷麺屋で小僧をしていた。半島が日本統治下の29年、長田に渡り、地場産業のケ…

この記事は有料記事です。

残り791文字(全文1068文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 電車とホームドアの間に巻き込まれ医師死亡 稼働前で線路側に入れる状態 京急・上大岡駅

  2. 小学生バレーボール体罰 一部の保護者、口止め誓約書を配布 「情報漏らした」と正座させ詰問も

  3. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  4. 阪急踏切でレール破断 上下線で徐行運転 大阪・摂津

  5. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです