メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

生きる

小児がん征圧キャンペーン がんの子どもを守る会創立50年 東京で式典

 小児がんの子どもと家族の支援活動を行う公益財団法人「がんの子どもを守る会」(山下公輔理事長)の創立50年を記念した式典が9日、東京都千代田区で開かれ、約210人が参加した。

     式典では、同会副理事長の細谷亮太・聖路加国際病院顧問が講演、小児がんの種類によっては9割まで治るようになったとする医療の歩みを紹介した。子どもにも病名の告知をすることで治療への適応力が向上する傾向があるなどと説明し、「これからも皆さんの協力で子どもたちのサポートができるように祈っている」と支援の継続を訴えた。

     長女に脳腫瘍があった大阪市の佐々木由紀子さん(57)は「会で学んだ最新の医療知識を娘の治療に役立てることができた」と話した。式典には小池百合子東京都知事、朝比奈豊毎日新聞社会長らも出席した。【片平知宏】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 殺人 40代男性刺され死亡 福岡繁華街、容疑者か男出頭
    2. トランプ氏 「日本で私は英雄」米テレビで主張
    3. 鹿児島 腹から血流して男性死亡 サウナで殺人事件 
    4. 毎日世論調査 内閣支持率36% 前回比5ポイント増
    5. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]