メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

みちのくに初夏の訪れを告げる…

鈴の音を鳴らしながら練り歩く馬たち=岩手県滝沢市で2018年6月9日午前9時32分、小鍜冶孝志撮影

 みちのくに初夏の訪れを告げる伝統行事「チャグチャグ馬コ」が9日あり、大小の鈴を身にまとった約70頭の馬が子供たちを乗せ、岩手県滝沢市から盛岡市の神社間約14キロを練り歩いた。

 江戸時代、農耕馬をねぎらい、無病息災と五穀豊穣(ほうじょう)を祈って一緒に神社に参拝したのが始まり。馬が歩くたびに鈴が奏で…

この記事は有料記事です。

残り118文字(全文268文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. #排除する政治~学術会議問題を考える 「発禁処分までほんのひとまたぎ」 作家・村山由佳さんが語る言論の今と伊藤野枝

  2. 「限界だった」たった1人の介護の果て なぜ22歳の孫は祖母を手にかけたのか

  3. ORICON NEWS 白石麻衣、「唯一の同い年」松村沙友理の手紙に涙[手紙全文]

  4. 元慰安婦の韓国女性が来日 「『強制でない』は耐えられない」

  5. ボンベガス吸う遊び中に爆発、アパート2室焼ける 重過失失火容疑で10代3人逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです