メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、手話で「悔しい」 聴覚障害者6人会見、3人提訴へ

旧優生保護法下で行われた強制不妊手術について、自らの体験を手話で伝える高木賢夫さん(左端)。左から2人目は妻・妙子さん=大阪市中央区で2018年6月9日午後0時28分、望月亮一撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らが不妊手術を強制されていた問題で、聴覚障害を理由に不妊手術や妊娠中絶を強制されるなどした男女6人が9日、大阪市で記者会見し、「子供のいる友達がうらやましかった」「悔しい」と手話で訴えた。うち3人は国家賠償請求訴訟を起こす意向で、「被害を受けた人は声を上げて」と呼びかけた。

 聴覚障害者に対する強制不妊手術を全国調査している「全日本ろうあ連盟」(本部・東京都新宿区、会員約1万9000人)の主催。5人は実名で応じた。

この記事は有料記事です。

残り999文字(全文1229文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ANAホテル「営業の秘密と言った事実はない」 安倍首相答弁を否定

  2. 東京マラソン 一般参加取りやめ、エリートのみ200人規模で実施 新型肺炎

  3. 東京マラソン 一般の参加料は返金せず 国内ランナー1万6200円 来年の出走権付与

  4. 「桜」前夜祭でANAホテルは明細書を発行したのか 首相答弁の「矛盾点」

  5. 阪急宝塚線 急行にひかれ男性死亡 9万4000人影響 大阪・豊中

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです