メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧優生保護法を問う

強制不妊、手話で「悔しい」 聴覚障害者6人会見、3人提訴へ

旧優生保護法下で行われた強制不妊手術について、自らの体験を手話で伝える高木賢夫さん(左端)。左から2人目は妻・妙子さん=大阪市中央区で2018年6月9日午後0時28分、望月亮一撮影

 旧優生保護法(1948~96年)下で障害者らが不妊手術を強制されていた問題で、聴覚障害を理由に不妊手術や妊娠中絶を強制されるなどした男女6人が9日、大阪市で記者会見し、「子供のいる友達がうらやましかった」「悔しい」と手話で訴えた。うち3人は国家賠償請求訴訟を起こす意向で、「被害を受けた人は声を上げて」と呼びかけた。

 聴覚障害者に対する強制不妊手術を全国調査している「全日本ろうあ連盟」(本部・東京都新宿区、会員約1…

この記事は有料記事です。

残り1020文字(全文1229文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 天気 埼玉・熊谷で41.1度 国内観測史上最高
  2. 文科省汚職 「裏口入学ある」伝達 東京医大前理事長
  3. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  4. あおり運転殺人 22歳砕かれた一歩「大好きなバイクで」
  5. 天気 大暑 東京・青梅で40.3度 各地で39度超え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]