メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

雑記帳

「恋がかなう駅」としてPRしている…

智頭急行の恋山形駅に新たに設置された「恋の待合室」=鳥取県智頭町で2018年6月9日、園部仁史撮影

 「恋がかなう駅」としてPRしている第三セクター・智頭急行の恋山形(こいやまがた)駅(鳥取県智頭町)に9日、屋根や机などの調度品をピンクにした「恋の待合室」がお目見えした。

 普段の乗客は1日数人ほどの無人駅で、5年前に駅外壁をピンクに塗装。今回、室内に置いた自販機は飲料のほか、ハート形の絵馬も売るな…

この記事は有料記事です。

残り89文字(全文239文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 先進国のワクチン「囲い込み」にアフリカ諸国苦戦 資金確保課題、中国製頼みも

  2. 和歌山・かつらぎ町の養豚場で豚熱確認 2018年9月以降、関西で初

  3. 政府、中国のウイグル弾圧を「ジェノサイドとは認めず」 米国務省認定と相違

  4. 東京・豊島女性殺害 女児への強制わいせつ容疑 元保育士をきょうにも再逮捕

  5. 愛知で新たに215人の感染確認 豊橋市内の飲食店でクラスターか

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです