メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

追跡

「もう迷惑かけられぬ」 地域で支える再犯防止 人生の大半刑務所、71歳男性の決意

 罪を繰り返す元受刑者らが後を絶たない。2017年版「犯罪白書」によると、検挙者に占める再犯者の割合(再犯者率)は年々増加し、16年は5割近くを占める。同12月に「再犯防止推進法」が施行され、国や自治体、民間団体などの連携強化が求められる中、岐阜県内では保護司らが5年前に出所した高齢男性を地域で支える。各地でも元受刑者らの再犯防止に向けた取り組みが進みつつある。【加藤沙波】

 岐阜県内のトンカツ店で今年5月下旬、上原一雄さん(71)=仮名=を主役に、地域の保護司ら5人が食事…

この記事は有料記事です。

残り1019文字(全文1257文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです