メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7

首脳宣言を採択 米と6カ国、貿易で溝埋まらず

G7サミットで集合写真に応じる各国首脳=2018年6月9日、AP

 【ケベック(カナダ)土屋渓】主要7カ国首脳会議(G7サミット)は9日(日本時間10日)、最大の焦点だった通商問題について「保護主義と闘い続ける」と明記した首脳宣言を採択し、閉幕した。ただ、欧州連合(EU)やカナダに輸入制限措置を発動した米国と、それに反発する各国の溝は埋まらなかった。

 首脳宣言は貿易について昨年と同様に「自由で公正で互恵的な貿易が成長と雇用創出の原動力」と明記。保護主義に対抗することを再確認した。世界貿…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  3. 京アニ社長「容疑者と面識なし」「建物取り壊す」 過去の作画、資料ほぼ全て焼損
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 宮迫さん「謝罪会見開く」 20日午後、田村亮さんも同席

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです