G7

首脳宣言を採択 米と6カ国、貿易で溝埋まらず

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
G7サミットで集合写真に応じる各国首脳=2018年6月9日、AP
G7サミットで集合写真に応じる各国首脳=2018年6月9日、AP

 【ケベック(カナダ)土屋渓】主要7カ国首脳会議(G7サミット)は9日(日本時間10日)、最大の焦点だった通商問題について「保護主義と闘い続ける」と明記した首脳宣言を採択し、閉幕した。ただ、欧州連合(EU)やカナダに輸入制限措置を発動した米国と、それに反発する各国の溝は埋まらなかった。

 首脳宣言は貿易について昨年と同様に「自由で公正で互恵的な貿易が成長と雇用創出の原動力」と明記。保護主義に対抗することを再確認した。世界貿…

この記事は有料記事です。

残り320文字(全文532文字)

あわせて読みたい

注目の特集