メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

近鉄

傘の忘れ物 保管期間を2週間に短縮

大量の傘が保管されている奈良署の拾得物保管庫=奈良市大森町で、数野智史撮影

 近鉄が今月から、駅や電車内に忘れられた傘の保管期間を、従来の3カ月から2週間に短縮した。近年“使い捨て”にされる傘が増え、拾得物管理が膨大な業務になっており、警察や鉄道会社は管理の効率化を目指している。【数野智史】

 県内12署で最も多くの拾得物が届く奈良署(奈良市)。保管庫の棚には鉄道会社から届いた拾得物を収める段ボールなどがずらりと並ぶ。ひときわ威圧感があるのは数百本の傘だ。

 駅や電車内で見つかった拾得物は、警察に移送される。近鉄奈良駅の場合、奈良署に週2回持ち込んで、署が…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大きな虹 福岡の空に
  2. バーガーキング大量閉店も「撤退の予定ありません」 新たな20店舗はどこに?
  3. 元吉本新喜劇座長で喜劇役者 木村進さん死去、68歳
  4. 「高プロ」適用、全国で1人だけ 開始1カ月
  5. ローソン「悪魔のおにぎり」1000万個超え 王者ツナマヨ抜き

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです