メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外星稜・奥川はヤクルトが交渉権 3球団が競合
G7サミット

貿易で溝 米国の孤立鮮明

G7は通商問題をめぐり米国対6カ国の構図に

 【ケベック(カナダ)土屋渓、小山由宇】主要7カ国首脳会議(G7サミット)は8日(日本時間9日)に開幕し、焦点の通商問題などを討議した。首脳らは、世界経済の成長に向け「自由で公正な貿易」を追求することで一致した。しかし、トランプ米大統領が進める輸入制限措置には各国首脳から批判が噴出し、米国と他の6カ国が対立。討議は9日午後(同10日未明)まで続き、首脳宣言を取りまとめる方向だが、米国の孤立化が際立っている。

 「それなら関税をすべてゼロにしよう。それでどうだ!」。初日の貿易を巡る討議の終盤、トランプ氏が興奮…

この記事は有料記事です。

残り619文字(全文874文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東京・立川でイノシシ目撃 昭和記念公園が閉園 台風影響か

  2. 天皇陛下即位パレード 延期を検討 台風被災地に配慮

  3. 「これ、死ぬわ」車、流され転落 脱出までの4分間をドラレコが記録

  4. 天皇陛下即位パレード延期、首相が表明 「即位礼正殿の儀」は実施

  5. 保護猫たちのニャン生 (2)おむすび 「いらない」と言われて来たけれど

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです