恋山形駅

「恋の待合室」お目見え ピンクの机に絵馬も

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
新たに設置された「恋の待合室」を利用する女性=鳥取県智頭町大内で2018年6月9日午前11時26分、園部仁史撮影
新たに設置された「恋の待合室」を利用する女性=鳥取県智頭町大内で2018年6月9日午前11時26分、園部仁史撮影

 「恋がかなう駅」としてPRしている第三セクター・智頭急行の恋山形(こいやまがた)駅(鳥取県智頭町)に9日、屋根や机などの調度品をピンクにした「恋の待合室」がお目見えした。

 普段の乗客は1日数人ほどの無人駅で、5年前に駅外壁をピンクに塗装。今回、室内に置いた自販機は飲料のほか、ハート形の絵馬も売るな…

この記事は有料記事です。

残り82文字(全文232文字)

あわせて読みたい

ニュース特集