メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市

猫42匹を公開 多数飼育で保護、飼い主探しへ

名古屋市動物愛護センターに保護された猫。2、3匹ずつかごに入れられ、身を寄せ合ってじっとしていた=名古屋市千種区で2018年6月9日午後1時26分、山田一晶撮影

 名古屋市北区の市営住宅で女性が多数の猫を飼育し、近所に悪臭などの被害が出ていた問題で、市動物愛護センター(千種区)は全ての猫を保護し9日、報道陣に公開した。猫は42匹(雄19匹、雌23匹)で、この日の朝、さらに2匹の子猫が生まれた。検査の結果、健康に問題はないという。今後、不妊手術などをした上で、新たな飼い主を探す。

 センターは8日に保護し、検査とワクチン接種を済ませた。体重は1.5~4.6キロで栄養失調の猫はいなかった。女性は「2012年から今年にかけて生まれた」と説明し、ほとんどに名前をつけて覚えていたという。室内は悪臭が漂っていたというが、猫には外傷も異臭もなかった。

 猫たちは臨時に犬舎の中に積まれた金属製かごに2、3匹ずつ入れられ、鳴き声を上げることもなく、身を寄せ合ってじっとしていた。センターには他にも約120匹の猫が保護されており、飼い主探しを急ぐ。

 名古屋地裁は3月、市の提訴を受けて女性に部屋の明け渡しを命じ、確定した。今月11日に裁判所が強制執行し、家財道具の運び出しや鍵の付け替えをする予定。女性は転居の意向を示しているという。【山田一晶】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 沖縄慰霊の日 平和の詩「生きる」全文
  2. 晴れ着トラブル 「はれのひ」社長聴取へ 23日午後帰国
  3. サッカー日本代表 「西野監督ごめんなさい」ネットに続々
  4. 将棋 藤井七段、王座戦タイトル初挑戦まであと2勝
  5. トランプ米大統領 安倍首相に暴言 G7で移民政策議論中

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]