メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

名古屋市

猫42匹を公開 多数飼育で保護、飼い主探しへ

 名古屋市北区の市営住宅で女性が多数の猫を飼育し、近所に悪臭などの被害が出ていた問題で、市動物愛護センター(千種区)は全ての猫を保護し9日、報道陣に公開した。猫は42匹(雄19匹、雌23匹)で、この日の朝、さらに2匹の子猫が生まれた。検査の結果、健康に問題はないという。今後、不妊手術などをした上で、新たな飼い主を探す。

 センターは8日に保護し、検査とワクチン接種を済ませた。体重は1.5~4.6キロで栄養失調の猫はいな…

この記事は有料記事です。

残り276文字(全文486文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大麻所持容疑でRIZEメンバー2人を逮捕 Dragon Ashでも活躍
  2. 京アニ社長「容疑者と面識なし」「建物取り壊す」 過去の作画、資料ほぼ全て焼損
  3. 宮迫博之さん芸能界引退意向 吉本は面談継続
  4. 長崎の五島と対馬に大雨特別警報「レベル5相当」 気象庁「緊急に避難を」
  5. 大雨警戒レベルを5段階に 危険度分かりやすく

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです