メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

チャグチャグ馬コ

70頭の馬、子供たち乗せ練り歩く

鈴の音を鳴らしながら練り歩く馬たち=岩手県滝沢市で2018年6月9日午前9時32分、小鍜冶孝志撮影

 みちのくに初夏の訪れを告げる伝統行事「チャグチャグ馬コ」が9日あり、大小の鈴を身にまとった約70頭の馬が子供たちを乗せ、岩手県滝沢市から盛岡市の神社間約14キロを練り歩いた。

     江戸時代、農耕馬をねぎらい、無病息災と五穀豊穣(ほうじょう)を祈って一緒に神社に参拝したのが始まり。馬が歩くたびに鈴が奏でる「チャグチャグ」という音が名称の由来とされる。

     沿道の観光客からの声援に、乗り手の子供たちは手を振って応えた。同県宮古市の主婦、中島敏子さん(66)は「揺られている子供の姿が可愛らしい。夏がまた来ましたね」と笑顔。【小鍜冶孝志】

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 立てこもり 刃物?持った男が代々木の居酒屋で
    2. 殺人 「闇ウェブ」専門家刺され死亡 福岡繁華街、男出頭
    3. クジラ 東京湾で目撃9件 海ほたる沖で何度もジャンプ
    4. アイス ピノがCMをやめた理由
    5. サッカー日本代表 不安定な川島 西野監督も苦言

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]