NPO

販売目的で設立 活動歴なし100万円でネットに

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
販売目的で設立したNPO法人の売買
販売目的で設立したNPO法人の売買

 特定非営利活動法人(NPO法人)が売買されている問題で、東京都内の業者が自らNPO法人を設立し、何の活動もしないまま売って約100万円の利益を手にしていたことが毎日新聞の取材で明らかになった。販売目的で設立したのに、所轄する東京都などには「職業訓練や国際協力のため」と虚偽申請した疑いがあり、刑法に抵触する恐れもある。専門家から「悪質で制度の根幹を揺るがす」と批判の声が上がっている。【向畑泰司、田中龍士】

この記事は有料記事です。

残り1245文字(全文1449文字)

あわせて読みたい

注目の特集