メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大阪府北部で震度6弱 津波の心配なし
新幹線殺傷

「ズボンに血、男連行」小田原駅で乗客話す

 神奈川県内を走行中の東海道新幹線車内で9日夜に発生した殺傷事件。JR小田原駅にいた男性によると、容疑者とみられる男は午後10時過ぎ、警察官に連れられ駅を出ていった。続いて、担架に乗せられた被害者とみられる3人が運ばれていったという。この男性は「男は手錠をされ、大勢の警察官に囲まれて抵抗する様子もなく連行されていった。メガネをかけ、茶色いズボンには血がべっとり付いていた」と話した。

 小田原駅で下車した乗客によると、同県警は事件があった新幹線の12号車付近を重点的に調べているという。

 2015年6月に走行中の東海道新幹線車内で起きた焼身自殺を機に、鉄道各社では車内防犯カメラの設置など、安全対策を進めているが、利用者の数が多いことから手荷物検査など根本的な対策に乗り出せないのが実情だ。

 15年の焼身自殺は、新幹線で初の列車火災事故と認定された。鉄道各社は16年4月、ガソリンなどの可燃物の持ち込みを禁止。鉄道営業法に基づき、不審な乗客には手荷物検査を実施、可燃物などが見つかれば下車させることにした。

 東海道新幹線では、客室やデッキ部分の防犯カメラを増設。常時録画をするほか、火災発生に備え、防煙用のマスクなどを装備している。【澤晴夫、花牟礼紀仁】

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  2. 地震 大阪府北部で震度6弱
  3. 新潟県立高 女子の男子いじめ動画 ネット拡散 批判殺到
  4. JR大宮駅 駅員の胸たたいた容疑 世田谷区の女職員逮捕
  5. 高校バスケット 審判に暴行映像、SNSで一気に広まる

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]