メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ORICON NEWS

前川清、宇多田ヒカルと曲タイトル“偶然一致”に驚き「これも縁」

情報提供:ORICON NEWS

『前川清50周年 ほぼ日20周年 記念コンサート』後の囲み取材に出席した前川清 (C)ORICON NewS inc.
 歌手の前川清(69)が『前川清50周年 ほぼ日20周年 記念コンサート』後の囲み取材に出席した。5月16日に50周年記念シングル「初恋 Love in fall」を発売した前川だが、奇しくも元妻の故・藤圭子さんの娘で歌手・宇多田ヒカルの新曲タイトル「初恋」(27日発売のアルバム収録曲)と偶然一致したことに「びっくりしちゃった」と驚いた様子。「こっちはもうかったと思うけどあっちは失敗したって思ってるかも? これも縁ですよね」としみじみ語りつつ「僕の初恋は藤圭子さんですから」と微笑んでみせた。

【写真】糸井重里氏らも囲み取材に登場

 50周年を迎え、改めて前川は「あっという間だったと思えるのは幸せだったんでしょうね。とにかく早かったと思えることはいいことなのかな」と感慨もひとしお。1968年に『内山田洋とクール・ファイブ』としてデビュー、18年後にソロ活動を開始させ「もうソロのほうが長い。クール・ファイブといた方がほっとします」と胸の内も告白。

 しかし「やっぱり50周年のスタートの中野サンプラザ(公演)はクール・ファイブも来ました。でも長崎とか各地方なんかにいくと飛行機(代)っちゅうのがかかるんですよ。自分が手持ちで(費用を)出していくほどのメンバーじゃない」とシビアな実情をぶっちゃけ。それでも「僕はあのひとたちの楽器持ちで入った。やっぱり、いつでも彼たちは僕のお兄さんだし、彼たちのおかげでバンドボーイからスタートさせてもらったという気持ちは残ってます」と感謝を表していた。
 
 今回は新曲を作詞したコピーライター・糸井重里氏が企画した『はじめての前川清コンサート』。歌を聴く前に糸井とゲストのいきものがかり・水野良樹(昼の部)、徳光和夫(夜の部)によるイントロダクショントークがあり、聴くポイントを解説する新しい形のコンサートとなる。囲み取材には糸井氏と徳光も同席した。

情報提供:ORICON NEWS

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 地震 大阪府北部で震度6弱
  2. 大阪震度6弱 M6.1 3人死亡91人けが
  3. 高校バスケット 判定に不満 延岡学園選手が突然審判殴る
  4. 大阪震度6弱 「有馬-高槻断層帯」近くで発生 気象庁
  5. 大阪震度6弱 携帯電話通じにくく コンビニで通信障害も

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]