メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フェデックス・セントジュード・クラシック

パットナムが首位タイに浮上「明日は楽しい1日になりそうだ」(PGA Tour)

情報提供:PGA Tour

フェデックス・セントジュード・クラシック 3日目

PGAツアー第32戦 フェデックス・セントジュード・クラシック/テネシー州 TPCサウスウインド

ツアー未勝利の29歳が大金星を狙う

 アンドリュー・パットナムは3日目、短いプロ経験の中で自己ベストの6アンダー64をマークし、ダスティン・ジョンソンと首位タイで並んだ。

 今大会で優勝すれば世界ランキング1位の座を奪回できるジョンソンは、5アンダー65でプレー。パトナムとジョンソンは後続に5打差をつけ、通算15アンダーに到達した。

MORE:フェデックス・セントジュード・クラシックの最新スコアはここをクリック!

 下部ツアーのウェブドットコムツアーで2度の優勝経験があるパットナム。最終18番パー4でバーディを奪い、ジョンソンに再び追いついた。この日は6バーディ、ノーボギーだった。

 最終日はジョンソンとともに最終組でプレーする。パットナムが最終組で回るのはPGAツアーで初めての経験だ。

「普段の日曜日のゴルフとはちょっと違う雰囲気だけど、ボクは興奮しているよ。ここまで自分を引っ張ってくることができた。明日は楽しい1日になりそうだ。どうなるか見てみよう」(パットナム)

 今大会はジョンソンとパットナムの2人の一騎打ちの様相を呈してきた。パットナムはワシントン州出身の29歳。今年はトップ10フィニッシュを2回果たしている。

 この日、最終組でプレーしたジョンソンは、1番パー4で第2打をピンそば約2メートルに寄せてバーディ発進した。

 最終組の1組前でプレーしたパットナムも、5番パー4までに3つのバーディを奪って好スタートを切った。パットナムは5番パー4で約9メートルのバーディパットをカップに沈めると、スコアを通算12アンダーに伸ばし、一時、首位に躍り出た。

ダスティン・ジョンソンも通算15アンダーで首位をキープしている Photo by Andy Lyons/Getty Images

 ジョンソンは、今大会で優勝すれば、来週の全米オープン前に世界ランキング1位に返り咲く。3番パー5でティーショットを左に大きく外してペナルティー。パーセーブが精一杯だった。

 5番パー4ではバーディを奪ってパットナムに並んだものの、9番パー4ではティーショットを右ラフに打ち込み、3オン2パットでボギーを叩いた。

 だが、ジョンソンは折り返し後の10番パー4で、ピンまで152ヤードの第2打をピンそば約2.5メートルに寄せてバーディを奪うと、再びパットナムに並んだ。

 パットナムは12番パー4で約13メートルのバーディパットを決めて通算13アンダーに到達。ジョンソンも13番パー4で約2.5メートルのバーディパットを決めて首位タイに並んだ。

 全米オープン前の勝利を目指すジョンソン。13番に続き、15番パー4では第2打をピンそば約1メートルに寄せてバーディを追加。16番パー5でもグリーン手前のバンカーからの第3打をピンそば約1.5メートルに寄せてバーディを連取し、真っ先に通算15アンダーに到達した。

 パットナムは16番パー5でバーディを追加した後、最終18番パー4で約5メートルのバーディパットを決め、通算15アンダーでこの日のラウンドを終えた。

 ジョンソンは18番パー4で2パットのパーにとどまり、2人はともに通算15アンダー首位タイで最終日を迎える。

スチュワート・シンクが8番パー3でホールインワンを達成し、通算10アンダー3位に浮上した Photo by Stan Badz/PGA TOUR

 8番パー3でホールインワンを達成したスチュワート・シンクは、今年の自己ベストである6アンダー64をマーク。首位と5打差の通算10アンダー単独3位に浮上した。

 2009年の全英オープン以来、優勝から遠ざかっているシンクは、5月のプレーヤーズ選手権と先週のメモリアル・トーナメントで予選通過を逃している。

 だが、この日はパー3でホールインワン1個とバーディ2個を奪い、ジョンソンとパットナムを追う位置まで順位を上げてきた。

 シンクはホールインワンについて次のように話した。

「(ホールインワンを達成したときは)びっくりしたよ。突然、上位争いに絡んできて、自分自身をリセットしなければならなかった。でも、その後もいいプレーができたことに誇りを持っているよ。明日が楽しみだね」

 リッチー・ワレンスキーは18番パー4でボギーを叩き、4アンダー66でホールアウト。ウェスリー・ブライアン(1アンダー69)とともに、首位と6打差の通算9アンダー4位タイにつけている。

 ブラント・スネデカーはイーブンパー70でプレーし、首位と8打差の通算7アンダー7位タイとなった。


情報提供:PGA Tour

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 『ドラえもん』1巻、21世紀で最大の単月実売数 55.5万部「0巻」効果で新たなブーム

  2. 女性専用車両「男性の目がないから…」TV番組炎上 「痴漢こそ問題視すべきだ」声も

  3. 最後のセンター試験、開始 志願者55万人 21年から大学入学共通テストに

  4. エンタメノート 新iPhone「5G待ち」する? AppleTV+にも注目

  5. ナイキの「厚底シューズ」禁止 世界陸連が新規則 英メディア報道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです