メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

柚木沙弥郎「型染むら雲三彩文着物」 心躍る色とかたち

 日本民芸館の戸を開けると、色とかたちが飛び込んで来た。95歳の型染めの第一人者、柚木沙弥郎さんの作品が吹き抜けの壁に映えている。思想家の柳宗悦(やなぎむねよし)(1889~1961年)が収集した工芸品を中心に展示する同館で、現存作家の個展は版画家の棟方志功以来43年ぶりだという。

 柚木さんは柳の思想や染色家・芹沢〓介(けいすけ)の作品と出合ったことがきっかけで、染色の道を歩み始めた。展示を見ると、小ぶりなパターンの繰り返しで染め抜いた布もあれば、一枚の布全体に大胆に幾何学的な図様を配したものもある。さまざまなバリエーションのなかで、どれにも共通するのは、目にすると心が躍ること。古来、魚介類や植物の文様はさまざまに描かれてきたが、人間や動物の模様は柚木さんならでは。とぼけた表情のヤギやウサギ、サボテンの…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文890文字)

関連記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. LGBT 「生産性なし」自民・杉田議員の寄稿が炎上
  2. 大阪北部地震 68%が出社不要 関西企業60社アンケ 
  3. 祇園祭 後祭の宵山始まる 24日の花傘巡行は猛暑で中止
  4. 皇室 眞子さま、ブラジルで日系人と交流
  5. 西日本豪雨 真備の死者9割が自宅で 高齢で2階上がれず

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

[PR]