メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アートの扉

柚木沙弥郎「型染むら雲三彩文着物」 心躍る色とかたち

 日本民芸館の戸を開けると、色とかたちが飛び込んで来た。95歳の型染めの第一人者、柚木沙弥郎さんの作品が吹き抜けの壁に映えている。思想家の柳宗悦(やなぎむねよし)(1889~1961年)が収集した工芸品を中心に展示する同館で、現存作家の個展は版画家の棟方志功以来43年ぶりだという。

 柚木さんは柳の思想や染色家・芹沢〓介(けいすけ)の作品と出合ったことがきっかけで、染色の道を歩み始めた。展示を見ると、小ぶりなパターンの繰り返しで染め抜いた布もあれば、一枚の布全体に大胆に幾何学的な図様を配したものもある。さまざまなバリエーションのなかで、どれにも共通するのは、目にすると心が躍ること。古来、魚介類や植物の文様はさまざまに描かれてきたが、人間や動物の模様は柚木さんならでは。とぼけた表情のヤギやウサギ、サボテンの…

この記事は有料記事です。

残り534文字(全文890文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  2. 健康対策 米、メントールたばこ禁止方針
  3. ガンバレルーヤ・よしこさん 病気のため一時休養を発表
  4. 選抜高校野球 21世紀枠、推薦46校出そろう
  5. 橋爪功 「まんぷく」を朝ドラと知らず出演快諾 「泥臭く人間臭いドラマになれば」と

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです