メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

新旧スター交錯の5月=専門編集委員・川崎浩

 5月、歌謡界最大のニュースは、西城秀樹の他界であったことは間違いないであろう。ここ10年以上、脳梗塞(こうそく)のリハビリで苦しみながらの現役生活であり、歌手としての絶頂期は1970、80年代だったとはいえ、西城がどれだけ、歌謡界のフロンティアを開拓したかは歴然としている。録音・録画を今聴いても、その歌唱力・表現力に圧倒されるばかりである。シンガー・ソングライターの時代にあって「歌手」でこれだけ存在感を示せる芸能人がどれだけいることか。その大きな存在感に、今、改めて気が付く。

 西城と同時代を生き、50周年記念活動真っ最中の和田アキ子が、46年4カ月ぶりにシングル曲でトップ1…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1048文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです