メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

新旧スター交錯の5月=専門編集委員・川崎浩

 5月、歌謡界最大のニュースは、西城秀樹の他界であったことは間違いないであろう。ここ10年以上、脳梗塞(こうそく)のリハビリで苦しみながらの現役生活であり、歌手としての絶頂期は1970、80年代だったとはいえ、西城がどれだけ、歌謡界のフロンティアを開拓したかは歴然としている。録音・録画を今聴いても、その歌唱力・表現力に圧倒されるばかりである。シンガー・ソングライターの時代にあって「歌手」でこれだけ存在感を示せる芸能人がどれだけいることか。その大きな存在感に、今、改めて気が付く。

 西城と同時代を生き、50周年記念活動真っ最中の和田アキ子が、46年4カ月ぶりにシングル曲でトップ1…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1048文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 近鉄特急にはねられフィリピン女性死亡 東大阪・東花園駅

  2. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  3. 台風19号 高校生向け代行バス、非公表で通学用に JR長野支社

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 250万円提示に住民「ゼロが足りない」 油被害で鉄工所が説明会 佐賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです