メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大衆音楽月評

新旧スター交錯の5月=専門編集委員・川崎浩

 5月、歌謡界最大のニュースは、西城秀樹の他界であったことは間違いないであろう。ここ10年以上、脳梗塞(こうそく)のリハビリで苦しみながらの現役生活であり、歌手としての絶頂期は1970、80年代だったとはいえ、西城がどれだけ、歌謡界のフロンティアを開拓したかは歴然としている。録音・録画を今聴いても、その歌唱力・表現力に圧倒されるばかりである。シンガー・ソングライターの時代にあって「歌手」でこれだけ存在感を示せる芸能人がどれだけいることか。その大きな存在感に、今、改めて気が付く。

 西城と同時代を生き、50周年記念活動真っ最中の和田アキ子が、46年4カ月ぶりにシングル曲でトップ1…

この記事は有料記事です。

残り757文字(全文1048文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「堺筋」→「サカイ・マッスル」?大阪メトロ外国語版サイト「めちゃくちゃ誤訳」多数で閉鎖に
  2. マンモス細胞核に生命現象 分裂初期の動きを観察
  3. TOHOシネマズ入場料100円値上げ 人件費増が要因 レディースデイも
  4. 電車の英語アナウンス、実はあの人…NHK「英語であそぼ」出演
  5. ジャングルジム5歳焼死 運営者ら6人書類送検 業務上過失致死傷容疑

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです