メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

六月大歌舞伎 吉右衛門の団七に情愛=評・小玉祥子

 夜は東西の祭りの宵宮がクライマックスの傑作2作。

 最初が古典で大坂が舞台の「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」。吉右衛門の団七は妻お梶(菊之助)と息子、市松(寺嶋和史)への情愛がうかがえ、「長町裏」には、その団七が舅(しゅうと)義平次を手にかけざるを得ない切羽詰まった思いが感じられる。義平次をあざむこうと思い立つ際の目遣いがうまく、殺しに悲哀が漂う。

 橘三郎の義平次が憎々しく、団七への挑発がよく表現された。歌六の三婦に老〓客(きょうかく)らしい威勢…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文885文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
  2. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
  3. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
  4. 深田恭子 「ルパンの娘」“泥棒スーツ”姿披露 瀬戸康史らと決めポーズ サカナクションが主題歌
  5. 「イージス引き受けないのは非国民との批判、県内外から」秋田の佐竹知事が明らかに

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです