メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

歌舞伎

六月大歌舞伎 吉右衛門の団七に情愛=評・小玉祥子

 夜は東西の祭りの宵宮がクライマックスの傑作2作。

 最初が古典で大坂が舞台の「夏祭浪花鑑(なつまつりなにわかがみ)」。吉右衛門の団七は妻お梶(菊之助)と息子、市松(寺嶋和史)への情愛がうかがえ、「長町裏」には、その団七が舅(しゅうと)義平次を手にかけざるを得ない切羽詰まった思いが感じられる。義平次をあざむこうと思い立つ際の目遣いがうまく、殺しに悲哀が漂う。

 橘三郎の義平次が憎々しく、団七への挑発がよく表現された。歌六の三婦に老〓客(きょうかく)らしい威勢…

この記事は有料記事です。

残り656文字(全文885文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 議員あぜん「なぜこの資料あるのに示さなかったのか」 「桜」野党ヒアリング2回目詳報

  2. オジー・オズボーンさんパーキンソン病告白 メタルの帝王「困難な状況だ」

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

  5. 論点 橋下徹さん「罪悪感なく公文書廃棄する政府の恐ろしさ」 桜を見る会

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです