メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

このごろ通信

音楽をいかに聴くか 堀部篤史(書店 誠光社店主)

 ターンテーブルに古いレコードをのせて針を落とす。スピーカーからプチプチとスクラッチノイズが響き、続いて柔らかい音色が流れ出す。晴天なら軽やかなカリプソ音楽、曇り空の日はすこし憂いのあるジャズ・ヴォーカル、休日は華やかなソウル・ミュージック。その日の気分に合わせた音楽で誠光社の一日は始まる。プレイ中のレコードジャケットをカウンターの後ろに立てかけておくと、それを見たお客さんや知人から声をかけられることがよくある。

 「レコードってまだ売ってるんですね」という素朴な驚きから「これ探してたんですよ、どこで買ったんです…

この記事は有料記事です。

残り565文字(全文823文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわ新選組の舩後氏が初当選 重度身体障害者の新人 特定枠1位
  2. あなたの参院選 なぜ8時に当選確実が出るの? テレビ選挙報道の舞台裏
  3. ORICON NEWS ビートたけし、吉本興業を痛烈批判「だったら雇うなよ。最低保証くらいしろよ」
  4. 東京選挙区、共産現職の吉良氏再選
  5. コトバ解説 「衆議院」と「参議院」の違い

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです