メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

G7閉幕

保護主義対抗を採択 トランプ氏は首脳宣言否定

 【ケベック(カナダ)土屋渓】カナダ東部シャルルボワで開かれていた主要7カ国首脳会議(G7サミット)は9日(日本時間10日)、最大の焦点だった通商問題について「保護主義と闘い続ける」と明記した首脳宣言を採択し、閉幕した。だが閉幕後、トランプ米大統領はツイッターで、首脳宣言を承認しないよう担当者に指示したことを明らかにした。通商問題を巡る米国と他の6カ国との隔たりは依然大きいことを示した。

     首脳宣言は「自由で公正、互恵的な貿易や投資が成長と雇用創出の原動力だ」として、保護主義に対抗することを再確認した。世界貿易機関(WTO)を改善し、関税・非関税障壁や補助金の削減を目指すことを盛り込んだ。安全保障分野では北朝鮮に対して「すべての大量破壊兵器と弾道ミサイルの完全かつ検証可能で不可逆的な廃棄を求め続ける」と結束を確認した。

     貿易の討議では利害の対立する関税のあり方などを巡り、各国の間で激しい議論となり、首脳宣言のとりまとめが難航した。閉幕後に記者会見した安倍晋三首相は「貿易制限措置の応酬はどの国の利益ともならない。自由で公正なルールを打ち立て、進化させていくことが必要。首脳宣言を出せたのは大きな意義がある」と述べた。

     ただ、米国が鉄鋼やアルミニウム製品の輸入制限措置の撤回などに応じたわけではない。カナダのトルドー首相は閉幕後の会見で「(輸入制限措置は)侮辱的だ。米大統領にカナダは振り回されない。トランプ政権の選択は違法で受け入れがたい」と批判。7月から米国に報復関税を課す方針を改めて示した。

     トランプ氏は米朝首脳会談に出席するため、閉幕前の9日午前中にサミット会場を後にしていた。トルドー氏の発言について「サミット期間中は穏やかに振る舞っていた。不誠実で意気地がない」とツイッター上で非難。「首脳宣言を承認しないように担当者に指示した。自動車への追加関税を検討する」と投稿した。

     首脳宣言は採択済みのため、6カ国はトランプ氏の投稿を受け流すとみられる。

    関連記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 静岡・看護師遺体 逮捕監禁容疑の男、新潟市で遺体で発見
    2. 地震 大阪・震度6弱 日常生活影響続く 休校、ガス・水道停止
    3. 難病患者 医療費助成停止、十数万人か
    4. 加計学園 理事長が会見、謝罪 監督責任で給与を自主返納
    5. 教えて!W杯 賞金はあるの?

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです

    [PR]